新車購入

自家用車があると便利だろうけれど
どれくらいの支出になるのか?
運転できそうな街なのか?
購入場所は?

不安が多すぎてとりあえずはGrabでいいや・・そんな風に思っていらっしゃいませんか?

クアラルンプールは電車網が発達し配車サービスGrabも利用しやすくなってきたものの、まだまだ車中心の街。

また2年以上滞在の場合はレンタカーよりも新車購入がお得。

どうせ買うなら赴任直後がお勧めです。

駐在員の場合、ご主人は会社支給の車、奥様は買物やお子様の送迎のために利用と2台持ちする方も少なくありません。

それだけ「車があると便利」で「運転できる街」と多くの方が感じているということ。

限られたマレーシアでの生活をより充実させるために車の購入を考えてみてはいかがでしょうか。

KL不動産では新車、中古車の購入をサポートしております。

 

車に関してよくいただくご質問

目次

Grabのメリット・デメリットは?

何よりも維持費を必要としないことがメリットでしょう。

ここ数年で車も綺麗に、安全になり、より利用しやすくなりました。

デメリットは雨の日はなかなかつかまらないこと。
利用頻度が高い方はストレスに感じるようです。

レンタカーと購入で迷っています。

売却価格を比較して決定される方が多いように感じます。

ちなみに売却価格はおおよそ3年目に50%、その後は1年毎に10%落ちるイメージとなります。

1年間の滞在であればレンタカーの方が安く、2年以上の滞在の場合は購入の方が合計の支出が少なく済む傾向にあります。

駐妻の声

1年後に帰国予定でしたがモントキアラ内では運転できそうなこと、子供の学校や習い事の送迎を考えると車が必要だったので中古車とレンタカーを比較。中古車が売れそうだったので購入したのですが帰国時になかなか車が売れず。結局レンタカーの方が安かったです。

新車と中古車、どちらがお勧めですか?

圧倒的に新車がお勧めです。

理由はメンテナンスや利用状況、名義変更等中古車を購入したときに生じるグレーな部分が無く利用中のストレスが確実に少ないため。

また新車の場合、数年後の売却価格がある程度予想できるのもメリットです。

人気の車種と価格を教えてください

奥様用のセカンドカーとして。単身の方に

プロデュア社 Myvi(マイビー)
RM41,000から

・マレーシア販売台数5年以上年連続ナンバー1として不動の人気を誇る

・人気の秘密は運転しやすい小型車で中身はダイハツと性能が良いこと

・用途に合わせて1300cc、1500ccと排気量の選択もできる

家族向け

プロデュア社 Alza(アルザ)
RM49,000から

プロデュア社 Aruz(SUV)(アルツ)
RM68,000から

・7人乗りで家族が悠々乗車できる

・日本車に比べて安価

・マイビー同様、現地メーカーXダイハツの合弁会社で品質にも信頼あり

 

日本車をご希望の方
トヨタ VIOS(ビオス)RM76,000から
ホンダ CIVIC(シビック)RM109,000から

 

駐妻の声
日本車や外車は税金の関係で高くなるので駐妻仲間はプロデュア率が高め。
ガンガン走りたい方にはプロデュアの新しいSUV、Aruzが人気です。

新車購入の流れと注意点を教えてください

1.ディーラーにて車の決定
2.パスポートの写真ページのコピーと必要書類の記入
3.支払いまたはローン申込
4.納車

車の購入というと難しいイメージですが、マレーシアでの車の購入は意外と簡単。

車庫証明や運転免許証の提示すら不要、自動車保険や道路税(ロードタックス)の手続きも購入時にディーラーで行う場合がほとんどとなります。

また新車の値段はメーカー毎に決まっており、ほとんど差はないと考えてよいでしょう。

交渉できるのはウインドスクリーンなど追加アイテムとなります。

ただし、大切なのは信頼できるディーラーを選ぶこと。

正規ディーラーであっても現金を持ち逃げされたというケース、購入手続き中に突然閉店したケースがここ数年に起きています。

弊社にご依頼いただいた場合はマレーシア全土でプロデュア、トヨタ、ホンダの正規ディーラーとして数店舗を展開する信頼できる会社の担当者をご紹介いたします。

自動車保険と道路税(ロードタックス)の費用は?

車種車両によって変わります。
以下のサイトにて簡単に見積もりをとることが可能です。

保険の見積もり
道路税の計算

交通事故に遭ったらどうしたら良いですか?

大まかな流れとしては
1.24時間以内に交通警察に届出、レポートを作成する。
2.必要に応じて保険会社指定の修理工場に入庫する。
となります。

しかしながら詳細な流れはマレーシアと日本で大きく異なるため、特に注意が必要な点について列記いたします。

1.現場に警察や保険会社は現場に来ない

事故発生から24時間以内に「交通警察署(トラフィックポリス)」に向かいポリスレポートを作成します。
最寄りの警察署ではなく、事故現場を管轄する交通警察署となりますので注意しましょう。

2.保険を使わずに現場での交渉で済ませることが多い

軽い追突であれば交渉の上、数百リンギットの修理代を支払うことで合意し、その場で別れることが一般的。
英語に自信がない場合は配偶者やパートナーの他、会社のスタッフやマレーシア人の知り合いの電話番号を緊急連絡先として登録しておくことをお勧めします。

3.自走が困難な場合は保険会社付帯のレッカー車を呼ぶ

事故が起きると驚くべき速さでレッカー車が現れるのですが、多くの場合「流し」のレッカー車。
後々法外な修理費用をを請求されることが多いため、絶対に彼らに依頼してはいけません。

必ず自身の保険会社に連絡し、そこから派遣されたレッカー車を利用しましょう

その他の注意事項については以下を参照ください
マレーシア日本大使館 交通事情と交通事故対策

駐妻の声
海外駐在も5か国15年が経過。
運転にも英語にも自信がありましたがマレーシアで初めてぶつけられてしまいました。ものの数分でレッカー車が現れ、私の保険会社からの依頼だと言うのでそのままお任せしたら翌日車が行方不明に。こういうことがあるとは聞いていましたが焦っていると何が何だかわからなくなってしまうので、何かマニュアルを車に入れておけばよかったと後悔。車は数日後莫大な修理費の請求とともに帰ってきました。

パンクやバッテリー切れなど故障の際の対応は?

修理会社にご連絡ください。

弊社を通じてご購入いただいた場合は日本語が通じる修理会社の連絡先をお渡ししております。

売却方法を教えて下さい

1.売買サイトを利用する方法
www.carlist.my, www.mudah.myなど

2. SNSに投稿する方法
Facebookの「KL Expats」「Expats in/around Mont Kiara」グループは駐在員が中心で売買投稿も多い

3. 業者に買い取りを依頼

売買サイトやSNSへの投稿で買い手と直接やり取りすることで仲介手数料が発生せず、できるだけ高額で売却することが可能となります。

しかし名義変更の手続きをご自身で行う必要があるなど、面倒なことも多いので業者に買い取りを依頼する方が多いのが現実。

その分仲介手数料は発生しますが、帰国日ギリギリまで使えなどメリットも多いです。

◎新車、中古車購入サポート内容

見積もり、信頼できるディーラーのご紹介 無料

納車までの交渉、同行通訳、サポート RM4,000

納車後のサポート 応相談

いかがでしたでしょうか。

KL不動産ではお客様のご希望に柔軟に対応しております。
ご不明な点やご質問がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。

お問い合わせはこちら

★弊社サポートサービス★
【購入後はぜひ】不動産管理
【こちらもお任せ】内装手配
【大人気】視察ツアー

★現地情報たっぷり★不動産コラムページはこちら