不動産コラム
【賃貸】マレーシア はじめての物件選びの前に知っておきたいポイント5選

日本にいた時の物差しで物件を選ぶと「こんなはずではなかった」ということも多いマレーシア。

・駅目の前なのに歩道橋がなくて渡れない
・バスタブ付き物件を希望したら家賃が割高で予算オーバー
など

できるものなら初めから失敗はしたくないものですよね。

ここでは特にマレーシア初心者の方に、マレーシア クアラルンプール特有の事情のうち、知っておいて損はないポイント5つをご紹介いたします。
 

1.駅近=徒歩圏内ではない

確実に徒歩圏内なのは駅直結の物件のみ

道路を挟んだ向かい側であっても歩道橋も信号もなく、渡れないことが多々あるので地図だけではなく現地を確認することが大切です。

また最近できたMRT駅前の駐車場は治安が悪いところも多く昼間でもひったくりが起きています。

徒歩5分でも治安や道路事情で歩けないことがある点に注意しましょう。

 

2.バスタブ付きの物件は希少

単身向け物件の場合バスタブが設置されている物件は希少

特にRM2,000以下の場合はほぼ無いと言ってよいでしょう。
その為家賃を抑えたい方はバスタブなしで良いかどうかが第一のポイント。

常夏のマレーシアに住んでみたらバスタブを使わなくなったという方も多いです。

ちなみにクアラルンプールは世界で最も安く5つ星ホテルに宿泊できる街といわれています。
たまのご褒美に5つ星ホテルに宿泊し入浴剤をたっぷり入れて楽しむ!という方もいらっしゃいます。
 

3.幹線道路は通勤時間帯の渋滞が酷い

通勤時間は酷い渋滞になる幹線道路がいくつもあります。

有名なのはクアラルンプールからペタリンジャヤを通りスバンジャヤを結ぶフェデラルハイウェイ(Federal Highway)、クアラルンプールからモントキアラを通りケポンを結ぶジャランクチン(Jalan Kuching)など。

所要時間は3倍以上の差になることも多いので車で通勤される方は単純な距離ではなく所要時間を計算することをお勧め。

Wazeという無料のナビアプリを利用すると混雑時間帯、所要時間を確認することができます。

 

4.電車通勤は意外とハード

日本では1時間程度の電車通勤は全く問題ありませんがマレーシアで1時間の電車通勤をしている人は稀

なぜならクアラルンプールの通勤圏が広くないことと、30分以上通勤電車に乗るのは辛いため。

混雑度合、様々な匂い、車内の強冷房、スリにびくびく、と緊張感あふれる車内です。

また乗り換え駅も日本より整備されておらず、豪雨の中外を歩かなければならないこともあるので、可能であれば職場や学校まで乗り換えなしの路線を選ぶのが吉です。

 

5.大規模コンドミニアムは共有施設の広さに注意

プール、ジムが標準設備となっており感動してしまうマレーシアですが、ポイントは各施設が総戸数に合った広さになっているか

多くの場合30階建てのタワーが1棟でも4棟でも共有施設の広さに大きな違いはありません。
ということは大規模コンドミニアムの場合それだけ利用者が多いということ。

毎晩ジムで走りたいのにマシンが空いていない
テニスコートを使いたいのに1週間に1度しか予約できない。
プールはいつも人でいっぱい・・・

そんなはずじゃなかったを一番伺うのが実は共有施設の部分なのです。
 
住んでみなければわからないこともたくさんありますが、上記は知っておいて損はないこと。

せっかくのマレーシア生活。
ぜひお気に入りのお住まいを見つけてください。
 
★弊社サポートサービス★
【購入後はぜひ】不動産管理
【こちらもお任せ】内装手配
【行動範囲が全然違う】新車購入
住まいに関する窓口を一括化!入居後日本語サポート
 
★関連記事★
光熱・通信費の意外な落とし穴
クアラルンプール近郊の人気5エリアを徹底比較
クアラルンプールでペット飼育可能なコンドミニアム10選
【5分でわかる】「家具付き」に含まれる家具とは?
賃貸借契約書で最低限見るべき5つのポイント

一覧へ戻る